米沢市歯科医師会

 

     IMGP0355 (2)

     ・十分換気し、時間差を設けるなど洗口場が混まないように工夫しましょう。

     ・歯みがきは口唇を閉じて行いましょう。話をしたり、動き回ったりしないようにしましょう。

     ・すすぐときは10mlくらいの量で行いましょう。※10mlはペットボトルのキャップ2杯分くらい

     ・すすぎの回数は1回~2回にし、静かに低い位置から吐き出しましょう。

     ・歯みがき後、歯ブラシを洗い、手を洗いましょう。

     ・使った歯ブラシは風通しのよいところに置き、家庭では離して置きましょう。

     ・学校においては、昼食後の歯みがきは実施にあたり、学校歯科医等と事前に相談しましょう。

        口の中をきれいにしておくことはむし歯・歯周病の予防と全身の健康に有効です。