米沢市歯科医師会

一般社団法人米沢市歯科医師会 会長挨拶  

会長 鈴木 基

会長 鈴木 基

  ご 挨 拶

一般社団法人 米沢市歯科医師会

会長  鈴木 基

 

 

米沢市歯科医師会は、現在約40名の会員で組織されております。

明治29年(1896年)に米沢市で初めて関新太郎先生が開業されから120年以上になります。昭和22年8月に社団法人の認可を受け、公益法人制度改革により平成24年4月に一般社団法人米沢市歯科医師会となりました。今年、法人化70周年を迎えました。

「食べることは生きること」と言われます。我々は市民のお口の健康を守り、健康寿命が伸び、美味しい物を食べて天寿を全うできるようにお手伝いをしなければならないと考えています。

これから歯科においては、今までの医療機関完結型から、団塊世代の全てが後期高齢期に入る2025年に向けて、医科医療機関や地域包括支援センター等との連携を含めた地域完結型医療の中での歯科医療の提供体制の構築が求められています。歯周病が糖尿病、心疾患、誤嚥性肺炎などと深く関わっていることが明らかになっており、口腔ケア、口腔健康管理の有用性や重要性が広く認識されてきています。また、がん患者の治療に際し口腔ケアは予後をコントロールすると言われています。我々は在宅訪問診療に力を入れてまいりましたが、米沢市立病院等と連携し周術期の口腔ケアにも積極的に取り組んで参ります。

住み慣れた米沢で安心して自分らしい生活を実現できるよう行政や医師会、薬剤師会など多くの医療職種の方々と連携を密にして歯科医療の発展に努めたいと思います。

 

 

 

 

 

 

【米沢市歯科医師会が行っている主な事業】

・1歳8ヶ月児・3歳児健診(すこやかセンター 通年)

・学校健診と学校保健事業(米沢市内の各小中学校・高等学校 通年)

・米歯学会 学術講演会(毎年2月上旬)

・よい歯の学校表彰・よい歯の児童生徒表彰(毎年2月中旬)

・米沢市との懇談会(毎年2月下旬)

・歯の無料健診と相談(毎年6月上旬)

・歯の供養祭(毎年8月上旬)

・東北地区歯科医学会(毎年10月 毎年多数の会員が参加)

・おくちのさわやか週間特別講演会 & HAPPY COME COME 8020達成者表彰式(毎年11月上旬)

・米沢栄光の里診療所での歯科診療(万世福祉の里診療所 通年)

米沢市万世町梓山にある社会福祉施設 万世栄光の里において毎週会員の輪番制で歯科診療を行っています。入所されている障がいをもたれた方への歯科診療を通し、健康で快適な生活が送ることができるようサポートさせていただいています。平成20年には、山形県知的障がい者福祉大会会長感謝状を受賞しました。

・米沢市立病院 NST回診(米沢市立病院 通年)

米沢市歯科医師会NST委員会では、米沢市立病院でのNST回診・口腔衛生指導を週1回行っています。NST(NST:Nutrition Support Team)とは栄養サポートチームのことで、職種の壁を越え、栄養サポートを実施する多職種の集団(チーム)のことをいいます。栄養サポートとは、基本的医療管理のひとつである栄養管理を、症例個々や各疾患治療に応じて適切に実施することを目的としています。

・外部団体との連携・協力をはかっている主な事業

置賜地区医療連携推進協議会 市民セミナー 米沢市学校保健会 置賜地区救急医療対策協議会 米沢市介護保険運営協議会 公立置賜病院医療連携協議会 米沢市国保運営協議会 米沢市介護支援専門員連絡協議会 米沢市健康づくり推進協議会 等